· 

直島旅行記

 

今日のブログも長いです

そして服は一切関係ありません

興味のない方はスルーでおねがいします・・・

6.7日で、去年に引き続き夫婦二人旅に行ってきました

去年の二人旅こちら

第一話  第二話  第三話

 

友人に「近頃、夫婦仲いーじゃん💛」とからかわれたりしたのですが、

仲いい・・というよりも

 

最近ふと、ワタシたち夫婦の今後(老後・・)を考えたとき

 

 

 「会話なく 猫を挟んで別行動」

 

と、思わず川柳を一句詠んでしまったけど

娘二人が巣立ったとしたら、残されたのは旦那と猫

猫は、子どものようにかわいがるけど、会話ができるのは

人間であるだんな様だけ・・・

 

普段、ほとんど一緒にいることのないワタシ夫婦

会話することになれておかないと・・と思い立ち

 年に一度くらいはどっか行って

「老後の練習」をせねば!と思った次第

 

 

今回は、かねてより行ってみたかった

瀬戸内海にうかぶ、島全体がアートになってる、直島!

 

 

町の中のところどころに

アートなオブジェが

 

自撮り、下手にもほどがある・・・

 

 

 

巨大なアート

ちなみにオブジェ下にいるカップルらしきは

私たちでは・・ない

 

 

さて・・、ここで皆さんお気づきだろうか

空模様がかなり怪しいことを・・・

 

一番上のかぼちゃの写真の、ワタシの髪の毛の暴れっぷりを!

 

 

そう!台風が、近くなってきているのである

 

 

自称「晴れ女」のワタシと

自称「小雨降るけどなんとかなる」旦那

 

 

ダイジョーブダイジョーブ!なんて言ってたのに

どんどん雨脚が・・・

なのに、持っていたのは、ワタシの小さな晴雨兼用傘のみ

 

 

この後、有名な「地中美術館」へ行ったのだが

「地中」・・のくせに途中途中で外を歩かねばならない

(写真が禁止されてるのでとれなかったのだが)

 

 

そのうえ、

小さいとは言え、持っていた唯一の傘は、

入口の傘立てに預けてあるので結構なぬれねずみに(笑)

美術館を堪能して、たくさん歩いてお腹もすき、

「お昼にするか」と言った私たちにさらなる悲劇が!

 

ただでさえ飲食店の少な目な直島

 

①名物??「あほうどん」

「うどんが無くなりました」

 

②美味しそうな定食屋さん

「ご飯が売切れです」

 

③こじゃれたカフェ

定休日なのか、もう終わったのか「CLOSE」

 

 

4軒目にして(しかもかなり歩いて回った)

やっとたどり着いた、

オープンカフェ・・というか屋台

 

 

 

天気良かったら、さいこーなんでしょうがねえ・・

なんせ、台風近づいてますから・・

オープンなカフェっていっても、しょせん野ざらし吹きさらし

 

割りばしの袋が飛ばないように、しっかりと握りしめて

スパイシーな鶏飯を急いで食べ

雨の中、急いで本土へ帰りました(笑)

 

 

スカートも、サンダルも、色が変わるほどびしょ濡れ

 

旦那さんも同じくびしょ濡れで

二人とも「イオン」で替えのサンダルと靴下を買う羽目に・・

 

 

一日目はこんな感じで終了!

続きは次回のブログでね!

宇宙のたまごの店長、典子です

 

宇宙のたまごは

「自分に似合う、オシャレがしたい!」

というアラフォー&アラフィフ&アラ環の方にご来店頂いてます

「いつも服、どこで買ってるの?」と

聞かれること間違いなし!

大人カワイイ沢山の洋服から、アナタだけに似合う服、一緒に探しましょ♪

 

いつもホントにありがとうございます💛

 

 

営業時間

 朝11時~夜19時

定休日 火曜

アクセス

島根県松江市田和山町123-2

 

松江バイパス

松江西インター下車

田和山方面へ3分

 

今井書店さん向い

細い道路入る

 

黄色い音符の看板が目印です

連絡先

tel  0852-21-2127

fax  0852-21-2127